DOKEN ハードコートの動研

ポリカーボネート樹脂成型とハードコート表面処理加工の動研。ガラスのように表面に傷がつかないプラスチックのシリコンハードコート処理剤サーコート。

お問い合わせ サイトマップ
液売り シリコンハードコート剤「サーコート」の製造販売
シリコンハードコート処理剤のため耐摩耗性・耐候性などの性能に優れています。
各種耐久性性能の点においてトータルバランスに優れた塗膜を形成します。
受託処理加工業から得られた、安定した性能品質を確保する管理ノウハウを有しています。
液のポットライフが長いため液コストの削減が出来ます。
液技術と生産管理技術を合わせ持っているのが「SARCoat」です。
液剤の販売荷姿
アトロン缶
アトロン缶(16kg)
シリコンハードコート「SARCoat」
「SARCoat」プライマー 
・16kg…アトロン缶
SARCoat®サーコートの種類と特徴
当社ではSARCoatの液としては、主として次の4種類の液を販売しています。
シリコーン系ハードコート剤としては、SARCoat "SCH720"SARCoat "SCH730"があります。
プライマーとしてはSARCoatプライマー"SCP300""SCP310"があります。
SARCoat "SCH720"は、基材のプラスチック素材などが耐候性を有するもの、又は基材が紫外線の保護を必要としないものに主に使用されます。SARCoat "SCH730"は、
基材が紫外線等により影響を受け、その保護を必要とする素材に使用されます。
プライマーは、SARCoat "SCH720"または"SCH730"単独では膜が素材に密着しない場合にアンダーコートとして使用されます。
しかしながら、SARCoatプライマー"SCP300"または"SCP310"を塗装しても充分な密着性を得られない場合がありますので、予備試験後、御使用下さい。
ハードコート処理剤 液特性値
項目 SARCoat®
プライマー
SARCoat®
(シリコンハードコート)
SCP300 SCP310 SCH720 SCH730
外観 淡黄色透明液 淡黄色透明液 無色透明液 淡黄色透明液
粘度(20℃,mpa.s) 30〜50 30〜50 3〜10 3〜10
不揮発分(%) 9〜14 11〜14 24〜28 24〜28
比重(20℃) 0.93〜0.97 0.93〜0.97 0.92〜0.95 0.92〜0.95
スプレー塗装またはフローコートなどを行う場合は、液を専用溶剤にて希釈してご使用下さい。
[上記数値は試験の一例であり規格値ではありません]
樹脂成型・ハードコートの動研
サイト内検索
 
このページを印刷する
 
 
 
 
 
お問い合わせ
DOKEN ご紹介MOVIE
「サーコート」ガラスのように表面に傷がつかないプラスチックのシリコンハード処理剤
ポリカーボネート樹脂の特徴
ポリカーボネート実用例
シリコンハードコート液売り
サンプルキット請求
DOT875規格取得済AS-6/7
Eマーク取得済
採用情報
展示会のお知らせ
 
   


ホーム | 製品概要 | ソリューション事例 | 会社概要 | よくある質問 | サイトマップ

Copyright(C) DOKEN CO.,LTD. All rights reserved.